京つう

  キレイ/健康  |  中京区

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2015年07月29日

出産に伴う休業、産休についてのおしらせ

私事で大変恐縮ではございますが、8月下旬に出産を迎えることとなり、少しの間ですが産休をいただくこととなりました。

日頃、ご愛顧いただいております皆様には、大変ご不便とご迷惑をおかけ致しますが、ご理解の程宜しくお願い申し上げます。残りわずかな期間ではありますが、ご予約をご希望の方は、お早めにお知らせいただきますようお願い申し上げます。

通常営業は、8月12日(水)までの予定です。
*お盆休みは、13日(木)~16日(土)まで頂きます*

尚、8月17日(月)以降~出産までの期間は、緊急時にこちらからキャンセルをお願いする可能性をご理解いただいた上での、ご予約受付のみとさせていただく予定です。

産休後は、9月26日(土)より、営業を再開させていただく予定です。

また、皆様におかれましては、妊婦に施術をしてもらうことへの不安・抵抗・遠慮を感じられる方もいらっしゃると存じます。幸いなことに9ヶ月を迎えます現在に至るまで母子共に問題なく大変健康状態であるということ、医師との相談の上、問題なく施術を続けられるとの判断を得ているということ、本人も楽しんでの施術となっておりますことなどとともに、施術による母体への負担・影響等はなく、ご心配に及びませんことをお伝えさせていただきます。

産休中は何かとご不便をおかけすることと思いますが、何卒宜しくお願い申し上げます。
電話・メールに関しましては産休中におきましても通常通り対応させていただきますので遠慮なく、ご予約・お問合せを頂きますようお願い申し上げます。

本来お目にかかってご挨拶申し上げるべきところではございますが、文面でのご挨拶に代えさせていただく失礼をお許しください。

平成27年7月吉日
ラクレアロマテラピー 


  


Posted by アロマミキ at 13:37Comments(0)アロマテラピー

2013年02月08日

認知症の。。。

とある会社からかかってきた1本の営業電話。

有名国立大学の研究所が立ち上げたベンチャー企業から販売されている、『認知症予防のアロマオイル』をサロンで販売してくれませんかという内容。
そのベンチャー企業とやらから直接の営業電話なのですが。。。
この電話、私に大きな違和感、というか、おかしんちゃうのという感覚がフツフツと湧かしてくれました。

そもそも、アロマテラピーの精油やオイルの販売に関しては、薬事法や医師法等での厳しい制約があるんです。精油は、日本では雑貨の扱いであるため、販売ラベルには効果効能を謳うことができない。そして、薬事法の中でも化粧品に関する法律もついて回るので、販売に当たっての表現も厳しく規制されているんです。

誰もが知っている某大手アロマ&ハーブ会社は昨夏に、『虫除けに効果的な~』という表現をして販売していたということで、厚生労働省からの指導が入ったくらい厳しくなっているんです。にもかかわらず、思いっきり『認知症に効果があるアロマオイル』と断言してはりますやん。。。
ええのかっ!あかんやろっ!!

以前ラクレのオリジナル美容液と家庭用ブレンドアロマオイルを化粧品会社に製作していただいた際には、事細かに文言をチェックしたり、薬事法に抵触しないかを確認したり、化粧品としての登録の有無を確認したり。。。と、本当に大変だったんです。精油の販売カタログ作るときには、効果効能を謳わないようにどんなけ苦慮してひとつひとつの文言考えたと思ってるんやー!と、言いたくなりました。

現在、『~を治します。予防します。』『~症に効果がある』という表現は薬事法に抵触するとされています。今回、かかってきた営業電話では、はっきりと言うてはりました。

『認知症に効果のあるアロマオイル』や『NHKで取り上げられ、大学病院での研究もされた安心できるアロマオイル』だということを強調。しかも、アロマオイルは正しい言い方ではなく、あくまでもアロマ精油なんです。その時点で、間違ってはる!そして、効果効能をはっきり謳っている!!

もちろん、国家資格を有する者が精油に関して効果効能を謳うことに関しては許されているという現状があり、エステティック的な部分とメディカル的な部分をハッキリ分けたいという有国家資格者のみなさまだけで立ち上げたアロマの協会が存在しています。そちらでは、メディカルアロマと称して医療現場にて精油を取り入れたり、臨床・研究などで精油を薬品として扱っている感が強いのも事実です。

今回の営業電話は、その部類の方からのものですから薬事法等には抵触しないのでしょうが。。。
私ら有資格者ではない人間に自分達が薬だという扱いのものを平気で販売させようとする部分や、わからない人には売りつけてしまえというような感覚が許せない!

効果効能を謳うことはできないので取り扱うことはできないと伝えても、『表面上はそうなりますが、実際は精油は効果効能を謳って販売されてますから~』と、言うてくるやないですか。アロマ業界に長年従事している私にとっては悔しい!!

ちゃんと理解できてないのに、販売先を見つけたいからと安易に営業電話をかけてくるという姿勢。
有名大学や番組名を出し、うち製品はデータに裏づけされていますから安心とアピールする姿勢。
うちの製品は調剤薬局で扱っていますので、そこらへんの精油とはグレードが違いますという姿勢。
そして、2種類の精油しかブレンドしてないのに、10mlが7,770円という高価格設定。

アロマへの正しい理解と知識のない人がそこだけを見たり聞いたりしたら、本当に認知症が治るのではないかと信じて購入してしまうでしょうね。啓蒙活動をライフワークにしている私は、『こんなことをやってしまう人たちがいるからアロマ業界全体が良くならないんだ!』と、ひとり怒りくるっております。
みなさま、テレビやネームバリューだけに流されることなく精油やアロマのオイルを購入してくださいね。  


Posted by アロマミキ at 18:16Comments(0)アロマテラピー

2011年06月21日

神の手!

今、神の手を持つ伝説のエステティシャンが日本に来日中なんです。
フランスにあるクラランスのサロンで40年ものあいだ施術を行い、数々のセレブリティから絶大な信頼をえていたという人。

そんな彼女が日本にきているんですよ。
「私は、コスメの瓶の中で生まれました。だから、今こうして美容関係の仕事をしているんです。」
と、私の心を揺さぶるようなことを仰るローズマリー・カスターノさん。
もともとフランスでは、神の手ではなく黄金の指を持つエステティシャンと呼ばれていたそうです。

彼女のテクニックはもちろんなのですが、ハイテクマシーンではなく人間の手のぬくもりや感触が重要視され、『人間の手は、肌と会話する美の道具である。』というクラランスの哲学を引き継いで美の伝道師となっているというところに共感。
憧れの存在なのです。


私たちの仕事はクライアントに問診をするのではなく、何も聞かずに知るということが大切なんです。特に初めてのお客さまであれば、セラピストの責任として相手の身体からより多くの情報を感じ取らなければなりません。長年の経験で、お客さまの身体を触ってさまざまな症状・癖・習慣なんかを手から感じ取ることができるようになりました。どんな感じかというと。。。身体に触ればその人の歩いている姿や立ち方、よく行う動作なんかが頭に映像が浮かぶ感じ。
本当に奥が深い部分なので、私はまだまだその入口に立っている状態ですが。。。

30年後、彼女のように伝説のセラピストになれるように頑張らないといけませんね。

そういえば、テレビで『神の手』と呼ばれる所以を検証してはりました。
手の温度が高くて肉厚な手がそうだとか。。。
彼女の手はサーモグラフィーで測定して36度超えとかだったと思うのですが、僭越ながら私も体温計で手のひらを測定してみました。

右手36.7度、左手36.7度でしたので、1つ目の条件はクリア。
『神の手』になるためには、あとは肉厚な手になるだけですね。
というのは、冗談ですが、もっと技術を向上するように努力あるのみですね。  


Posted by アロマミキ at 13:15Comments(1)アロマテラピー

2010年06月01日

あっという間に

昨年にマタニティアロマを受けてくださっていたお客さまが、昨日にベビーと共に来店してくれはったんです。

いやー、子供って成長が早いですね。あっという間に大きくなっていてビックリ。

お腹にいてるときから知ってるよと思うと、日々はすぐに経つのだと実感。

ベビーチャンにもオイルでマッサージしてくれてはるようで、うちの商品である『エンジェルスマイル』を愛用とのこと。ありがたい!

そして、何よりも嬉しいひとこと「やっぱり良いものは全然チガウと思ったよ。ミキちゃんの作った商品、品質に比べて値段が安いって!」

良いもの、本当の品質を適正価格で、というのがラクレのモットー!

わかっていだけるとスゴく嬉しい!

長年こだわり続けたことなんで、これからも大切にしながら商品を作り続けたいですね。  


Posted by アロマミキ at 08:47Comments(0)アロマテラピー

2010年03月18日

やっちゃった

やっちゃいました。
自分の大切にしてきた道具を割ってしまいました。。。

めっちゃショック。
手が滑るとは、まさにこのこと、という感じで。
大切な道具をひとつ失うという悲しい現実。

また買ったらいいやん!
って、思うでしょ?

もう、製造していないそうでして。。。
製造元曰く、使う方が少ないようで、残念ながら製造を中止したとのこと。
あんなに使い勝手の良いものがなくなるなんて、「みんなも使っといて!」と言いたいです。

何を割ったかと言うのを忘れてましたが、施術の際に使う陶器製の器なんです。

昔はね、この器を使うのがアロマテラピストの主流だったんですが、今は100均ショップなんかで売っている器を使う人が多くなったようでして。。。
製造中止に追い込まれたんですねぇ。良いものが消えてゆくのは残念ですね。

割った私が悪いのですが、少し嘆きたくなる私です。   


Posted by アロマミキ at 21:49Comments(0)アロマテラピー