京つう

  キレイ/健康  |  中京区

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2010年09月20日

その後。。。

前回のブログアップから気がつけば。。。1ヶ月の経過が。
スミマセンねぇ、とてつもなく忙しくて、パソコンに向かう時間がなかったんです。

お盆に日焼けという名の火傷をしてからのその後。。。

順調に脱皮を繰り返し、見事に2トーンほど肌色を落とすことに成功致しましたよ!
その方法をお伝えしようと思っていながらの、1ヶ月。
もう気づけば9月も半分過ぎていたので、いまさら聞いても役に立たないかもしれないのですが。。。脱皮の方法を教えちゃいます!!

まずは、日焼けをした直後のお手入れ方法です。
サンバーン状態だった私のお肌は、ヒリヒリと赤い炎症がございました。
そんなときにイチバンやってはいけないこと。。。
それは、肌に何かを塗るということなんです。では、どうするのか?

冷水にてまずは赤みを鎮静させるということが大切。
私の場合は、とってもぬるーいお湯、というかお水をお風呂に溜めてのアロマバスにて肌のほてりと炎症を鎮めることを数日間続けておりました。もちろん、鎮静作用や新しい細胞の成長を促進する作用の強いラベンダーをチョイスです。

もともと、アロマテラピーはフランスの科学者が実験中に火傷を負った際に、近くにあったラベンダー精油の入っている所に手を突っ込んで。。。数日後には、火傷の痕が残らずにキレイに肌が治っていたということから、近代のアロマテラピー研究が始まったと、いうくらいですから。。。
火傷といえばラベンダーというわけです。

入浴後には、ラベンダーウォーターとアロエベラのエキスをミックスしたものをタップリを肌へ浸透させて保湿。最後に栄養タップリのオリジナルオイルを肌へ塗りこみ完了です。このオイルは、ヘーゼルナッツオイルをベースに、シワを伸ばす作用のあるフランキンセンス、肌を若返らせる作用のあるローズウッドをブレンドしておりましたね。

この作業を繰り返した1週目、肌の炎症はだいぶとましになったのですが。。。
更なるトラブルにぶつかった私。

2週目の脱皮方法は次回のブログにてお話いたします!
(ちゃんと、すぐにアップしますので。。。大丈夫です)

  


Posted by アロマミキ at 17:39Comments(0)ホームケア

2010年08月20日

脱皮。。。

今年は初めて、お盆休みというものをしっかり取らせていただいた私。

みなさんの想像通りだとは思うのですが。。。
休みと言えば、太陽!の私ですので、もちろん海に行ってきました!!

思いっきり楽しんで、思いっきり日焼けした結果。。。脱皮です。
つまり、焼けすぎたんです!そう、サンバーン状態です!!

通常、日焼け=サンタンといって、こんがり小麦色に程よく焼くということなのですが、今回は焦げた感じに。ちょっとした火傷状態です。さらに悲惨なことに、日焼け後の必須アイテムであるヨーグルトを使うことができず、日に焼けた後2日ほど経ってのヨーグルトパックだったので。。。
まばらに皮が剥けてきてしまったという失敗。

さすがにシミになってしまいそうな予感がしております。
が、諦めへん!というのが私の良いところ!!
何とかして美肌を取り戻そうと心に決めております!!!

いつものヨーグルトパックはもちろんですが。。。
新たなケア方法をどんどんアップさせていただきますね!おたのしみに!!  


Posted by アロマミキ at 16:55Comments(0)ホームケア

2010年07月27日

しょっぱい。。。

最近の猛暑続きで、毎日汗だくの日々を送っている私。
お店で掃除機をかけているときが本当に大変。滴り落ちる汗をぬぐいながらという感じ。

私のこの汗に最近異変が。。。汗がしょっぱいんです。
「汗はしょっぱいもんやろー!」と、思った方は要注意ですよ!

汗には良い汗と悪い汗というものがあるのをご存知でしょうか。
この春までは私の汗は『良い汗』やったんです。
無臭でサラサラとしているもので、汗をかいてもすぐに乾いてべたつかない汗やったんです。

だけど、最近気づいたしょっぱい汗は大粒でダラダラと流れるもの。
流れたあとには、べたつきと汗臭さが残るという典型的な悪い汗。。。
「私の身体はオッサン化してしまったんやろうか。。。」と、思ってしまうくらい。

体温が上昇すると、体温を下げるべく皮膚表面から水分を蒸散させるために、血液中の水分が汗腺に送り込まれます。 このとき、水分と一緒にミネラル分も送り込まれるため、一度汗腺に取り込まれたミネラル分は、血管に再吸収されます。 そしてわずかな塩分を含んだ水分だけが汗として皮膚表面に排出されます。

血液への再吸収機能が正常に働いていると、限りなく水に近いサラサラの汗が出るということ。
蒸発しやすいため、気化熱の放出によって体温調節がスムーズに行われます。
これが『良い汗』なんです!また、良い汗はわずかな塩分を含んでいるだけなので、皮膚表面を弱酸性に保ち、皮膚の常在菌が繁殖するのを最低限に抑えてくれます。 なので、良い汗をかいていれば、たとえ量が多くても、体はそれほど臭くならないんです!!

しかし、汗腺の働きが低下すると、ミネラル分の再吸収がうまく行われず、水分と一緒に体外へ排出されてしまいます。 この汗はベタベタしていて蒸発しにくいため、体温調節がスムーズにいきません。また、ミネラル分を多く含んでいると皮膚表面はアルカリ性にかたむき、常在菌などの雑菌が繁殖して活発になり、汗のニオイが強くなってしまいます。

現代人がかくほとんどの汗は、この『悪い汗』。
運動不足をはじめとして汗をかく習慣がないことが、汗腺機能の低下を招くとのこと。 さらに、肉中心の食生活、生活環境や人間関係におけるストレスなども、汗の質を低下させる原因となるそうです。

特に、日頃、汗をあまりかかない人の汗腺には老廃物や角質がたまりやすく、いざ汗をかいたときにこれらの不純物も一緒に排泄され、ベタベタした汗になるのです。 不安や緊張によって起こる精神性発汗でも、突発的に大量の汗をかくため、ミネラル分の再吸収が間に合わず、悪い汗になってしまうそうですよ。

最近の私は、デトックスができていなかったために毛穴に老廃物が溜まっていたのでしょうね。
早速、良い汗をかくためにお風呂で体内の老廃物を排出することに。
デトックス効果の高いシダーウッド、体内の脂肪やセルライトなどを流れやすくするローズマリー、血管を拡張させるレモンをたらして。。。さらに、アルカリ性に傾いた肌を酸性にしてくれるクエン酸を加えた最強レシピで汗をかくこと1時間。

お見せすることはできませんが。。。汚いものがたくさん湯船に浮いておりました。
汚いものが出たおかげで、身体は軽くお肌もスベスベ。
やっぱり月に1度のデトックス風呂はサボってはいけないなと感じた私。

みなさんもお試しくださいね!
  


Posted by アロマミキ at 18:52Comments(0)ホームケア

2010年07月22日

日焼け後に

日焼けをした後に、まず最初にすること。

私の場合は、水シャワーでほてりを冷ましてから冷蔵庫でひんやりと冷やされたヨーグルトを肌に塗ることなんです。肌の真っ白な方は氷水とか保冷剤などで赤い部分を冷やしてからシャワーが良いでしょうね。

日焼けなどで肌が赤いままで美白ローションなどを塗ってしまうと、逆に皮膚を痛めつけることになるんです。

日焼け後のヨーグルトは以前にもブログで紹介しているので不思議はないですよね。
ヨーグルトパックで肌をピーリングした後は、冷蔵庫で冷やしておいたアロエヴェラローションをたっぷりと肌へ入れ込みます。日焼けのひどい場合は、花しずくシリーズのラベンダーを少し混ぜて肌をしっかりと保湿。乾燥した部分にしっかりと水分補給することでシワを防止する効果が期待できますからね、忘れてはならない作業です。

そして最後にヘーゼルナッツオイルをしっかり塗り込んで肌をしっとりさせて終了。ヘーゼルナッツには、肌を引き上げる効果があるので紫外線で光老化した肌を若返らせてくれます。

これだけやっておくと安心ですよね。

皆さんもしっかりケアで太陽に負けないでくださいねー!
  


Posted by アロマミキ at 18:32Comments(0)ホームケア

2010年06月24日

詰まってます

湿気の多い日が続くなか、今日みたいな日は気持ちが良いですねぇ。

出勤して湿度計をチェックするのが日課なんですが、ここ数日の湿度80%という数字に比べると、本日は44%というカラッと度。

気持ちまでカラッとしておりますが、身体はそうでもない感じが。。。

さまざまなアレルギーを持つ私は、金属にも反応します。特に湿気の多い時期に入るとピアスをしている耳たぶが、「福耳ですねぇ。」と、間違われるくらいにパンパンに腫れてきます。

膿んでるんで赤くはれているのですが、痒くて触るとまた悪化。。。の繰り返しで、だんだんと耳下リンパがつまり鎖骨までを詰まらせるんです。

そして、今日は首筋にコリコリした塊を発見!と同時に肩凝りがひどくなってることを実感。

詰まってます。
リンパが詰まって、背中辺りまでカチコチになってます。原因は耳たぶやから、恐いですよねぇ。

ティートリーとラベンダーを塗り、リンパマッサージを実行する私。
明日からの梅雨に負けないように、今日のうちにしっかり流しておくのが良さそうです。  


Posted by アロマミキ at 17:36Comments(0)ホームケア