京つう

  キレイ/健康  |  中京区

新規登録ログインヘルプ


2011年06月21日

神の手!

今、神の手を持つ伝説のエステティシャンが日本に来日中なんです。
フランスにあるクラランスのサロンで40年ものあいだ施術を行い、数々のセレブリティから絶大な信頼をえていたという人。

そんな彼女が日本にきているんですよ。
「私は、コスメの瓶の中で生まれました。だから、今こうして美容関係の仕事をしているんです。」
と、私の心を揺さぶるようなことを仰るローズマリー・カスターノさん。
もともとフランスでは、神の手ではなく黄金の指を持つエステティシャンと呼ばれていたそうです。

彼女のテクニックはもちろんなのですが、ハイテクマシーンではなく人間の手のぬくもりや感触が重要視され、『人間の手は、肌と会話する美の道具である。』というクラランスの哲学を引き継いで美の伝道師となっているというところに共感。
憧れの存在なのです。


私たちの仕事はクライアントに問診をするのではなく、何も聞かずに知るということが大切なんです。特に初めてのお客さまであれば、セラピストの責任として相手の身体からより多くの情報を感じ取らなければなりません。長年の経験で、お客さまの身体を触ってさまざまな症状・癖・習慣なんかを手から感じ取ることができるようになりました。どんな感じかというと。。。身体に触ればその人の歩いている姿や立ち方、よく行う動作なんかが頭に映像が浮かぶ感じ。
本当に奥が深い部分なので、私はまだまだその入口に立っている状態ですが。。。

30年後、彼女のように伝説のセラピストになれるように頑張らないといけませんね。

そういえば、テレビで『神の手』と呼ばれる所以を検証してはりました。
手の温度が高くて肉厚な手がそうだとか。。。
彼女の手はサーモグラフィーで測定して36度超えとかだったと思うのですが、僭越ながら私も体温計で手のひらを測定してみました。

右手36.7度、左手36.7度でしたので、1つ目の条件はクリア。
『神の手』になるためには、あとは肉厚な手になるだけですね。
というのは、冗談ですが、もっと技術を向上するように努力あるのみですね。


同じカテゴリー(アロマテラピー)の記事画像
出産に伴う休業、産休についてのおしらせ
やっちゃった
おばあちゃん
できました!
キャリアオイル揃ってます!
やっと届いた!
同じカテゴリー(アロマテラピー)の記事
 出産に伴う休業、産休についてのおしらせ (2015-07-29 13:37)
 認知症の。。。 (2013-02-08 18:16)
 あっという間に (2010-06-01 08:47)
 やっちゃった (2010-03-18 21:49)
 おばあちゃん (2010-02-17 15:44)
 爽やかさ。。。続き (2010-01-22 01:56)

この記事へのコメント
エステティシャンの方にも、すごい方がいらっしゃるんですね。
何も聞かずに知るということまでされているということに驚きました。
すごいことだと思います。

漢方関係なら、脈をみたり舌を診て身体の状態を把握したりしますが、エステティシャンは、身体に触れるだけで、多くの情報を得ることができるのですね。
Posted by ヨシ at 2011年07月11日 07:06
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。