京つう

  キレイ/健康  |  中京区

新規登録ログインヘルプ


2013年02月08日

認知症の。。。

とある会社からかかってきた1本の営業電話。

有名国立大学の研究所が立ち上げたベンチャー企業から販売されている、『認知症予防のアロマオイル』をサロンで販売してくれませんかという内容。
そのベンチャー企業とやらから直接の営業電話なのですが。。。
この電話、私に大きな違和感、というか、おかしんちゃうのという感覚がフツフツと湧かしてくれました。

そもそも、アロマテラピーの精油やオイルの販売に関しては、薬事法や医師法等での厳しい制約があるんです。精油は、日本では雑貨の扱いであるため、販売ラベルには効果効能を謳うことができない。そして、薬事法の中でも化粧品に関する法律もついて回るので、販売に当たっての表現も厳しく規制されているんです。

誰もが知っている某大手アロマ&ハーブ会社は昨夏に、『虫除けに効果的な~』という表現をして販売していたということで、厚生労働省からの指導が入ったくらい厳しくなっているんです。にもかかわらず、思いっきり『認知症に効果があるアロマオイル』と断言してはりますやん。。。
ええのかっ!あかんやろっ!!

以前ラクレのオリジナル美容液と家庭用ブレンドアロマオイルを化粧品会社に製作していただいた際には、事細かに文言をチェックしたり、薬事法に抵触しないかを確認したり、化粧品としての登録の有無を確認したり。。。と、本当に大変だったんです。精油の販売カタログ作るときには、効果効能を謳わないようにどんなけ苦慮してひとつひとつの文言考えたと思ってるんやー!と、言いたくなりました。

現在、『~を治します。予防します。』『~症に効果がある』という表現は薬事法に抵触するとされています。今回、かかってきた営業電話では、はっきりと言うてはりました。

『認知症に効果のあるアロマオイル』や『NHKで取り上げられ、大学病院での研究もされた安心できるアロマオイル』だということを強調。しかも、アロマオイルは正しい言い方ではなく、あくまでもアロマ精油なんです。その時点で、間違ってはる!そして、効果効能をはっきり謳っている!!

もちろん、国家資格を有する者が精油に関して効果効能を謳うことに関しては許されているという現状があり、エステティック的な部分とメディカル的な部分をハッキリ分けたいという有国家資格者のみなさまだけで立ち上げたアロマの協会が存在しています。そちらでは、メディカルアロマと称して医療現場にて精油を取り入れたり、臨床・研究などで精油を薬品として扱っている感が強いのも事実です。

今回の営業電話は、その部類の方からのものですから薬事法等には抵触しないのでしょうが。。。
私ら有資格者ではない人間に自分達が薬だという扱いのものを平気で販売させようとする部分や、わからない人には売りつけてしまえというような感覚が許せない!

効果効能を謳うことはできないので取り扱うことはできないと伝えても、『表面上はそうなりますが、実際は精油は効果効能を謳って販売されてますから~』と、言うてくるやないですか。アロマ業界に長年従事している私にとっては悔しい!!

ちゃんと理解できてないのに、販売先を見つけたいからと安易に営業電話をかけてくるという姿勢。
有名大学や番組名を出し、うち製品はデータに裏づけされていますから安心とアピールする姿勢。
うちの製品は調剤薬局で扱っていますので、そこらへんの精油とはグレードが違いますという姿勢。
そして、2種類の精油しかブレンドしてないのに、10mlが7,770円という高価格設定。

アロマへの正しい理解と知識のない人がそこだけを見たり聞いたりしたら、本当に認知症が治るのではないかと信じて購入してしまうでしょうね。啓蒙活動をライフワークにしている私は、『こんなことをやってしまう人たちがいるからアロマ業界全体が良くならないんだ!』と、ひとり怒りくるっております。
みなさま、テレビやネームバリューだけに流されることなく精油やアロマのオイルを購入してくださいね。


同じカテゴリー(アロマテラピー)の記事画像
出産に伴う休業、産休についてのおしらせ
やっちゃった
おばあちゃん
できました!
キャリアオイル揃ってます!
やっと届いた!
同じカテゴリー(アロマテラピー)の記事
 出産に伴う休業、産休についてのおしらせ (2015-07-29 13:37)
 神の手! (2011-06-21 13:15)
 あっという間に (2010-06-01 08:47)
 やっちゃった (2010-03-18 21:49)
 おばあちゃん (2010-02-17 15:44)
 爽やかさ。。。続き (2010-01-22 01:56)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。